わかった!データ復旧の仕組みと技術


わかった!データ復旧の仕組みと技術ブログ : 2016/07/07


HIVを保有している血液や精液のほか、
女性の母乳や腟分泌液などの様々な体液が、
乳飲み子等の粘膜や傷口等に触れることにより、
HIV感染のリスクが高くなるのです。

お薬やアルコール、科学的に合成された食品の添加物などを酵素で分解して無毒化する働きを解毒(げどく)と言い、
多機能な肝臓が果たす非常に重要な仕事の一つなのです。

いんきんたむしとは、医学上は股部白癬(こぶはくせん)と言われており、
かびの一種である白癬菌が股部や陰嚢、
臀部などの部位に何らかの理由で感染、
棲みつく感染症のことで水虫です。

既に永久歯の表面の骨を減らしてしまうほど拡大してしまった歯周病は、
もし病状そのものが沈静化したとしても、
エナメル質が元の量に再建されるようなことはまずありません。

「体脂肪率(body fat percentage)」というものは、
人の身体の中の脂肪が占有する歩合のことを指し、
「体脂肪率(たいしぼうりつ、パーセント)=体脂肪の量(somatic fat volume)÷体重(weight、
キロ)×100」という計算で分かります。

20才代、30才代で更年期になったら、医学的な用語では「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」という病気のことを指します(我が国の場合40歳以下の比較的若い女性が閉経するケースを「早発閉経(early menopause)」と呼んでいるのです)。

ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が無効になった後に購入できる、
等しい成分で負荷を低くできる(クスリの価格が廉価な)後発医薬品のことを指します。

紫外線を浴びると生成されるビタミンDは、
カルシウムが吸収されるのをサポートする特徴で広く知られており、
血中のカルシウム濃度を操作して、
筋繊維の動きを調整したり、骨を作ります。

塩分と脂肪の摂取過多をやめた上で自分に合う運動をおこなうだけでなく、
ストレスを蓄積しすぎない生活を意識することが狭心症の要因となる動脈硬化を防ぐ方法なのです。

基礎代謝量(kcal)とは目が覚めている覚醒状態で生命を維持していく(心臓の鼓動、
口からの呼吸、腎臓の様々な働き、体温や筋緊張の維持等)ために必要となる最も低いエネルギー消費量のことを指すのです。