わかった!データ復旧の仕組みと技術


わかった!データ復旧の仕組みと技術ブログ : 2016/08/18


グラスファイバーで製造されたギプスは、
非常に丈夫で軽いのに耐久性があり、
なんと濡れても大丈夫という特長があるので、
現在採用されるギプスの王道でしょう。

食中毒を起こすことで有名なブドウ球菌(ぶどうきゅうきん、
staphylococcus)はパープルに染色されるグラム陽性球菌で、
毒が極めて強い黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…staphylo-は「ブドウの房」の意)と一方は毒が強くないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種が存在するのです。

めまいは出ないのに、不快な耳鳴りと難聴の症状を幾度も発症する症例の事を区別して「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール病(Cochlear Meniere's Disease)」という病名で呼ぶケースがあるとのことです。

基礎代謝(Basal Metabolism)とは人間が横たわっていても使ってしまうエネルギーのことですが、
その大部分を体中の骨格筋・臓器の中で最も大きな肝臓・頭部の脳が占めているということをご存知ですか?
我が国における結核対策は、昭和26年に施行された「結核予防法」に準ずる形で実行されてきましたが、
56年後の平成19年からは結核以外の感染症と一括りにして「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に従って行われることに決まったのです。

吐血と喀血はいずれも血を吐くことですが、
喀血とはのどから肺に続いている気道(呼吸器のひとつ)から出血する状態で、
吐血の方は無腸間膜小腸よりも上にある消化管から出血することを言い表しています。

なんとなく「ストレス」というのは、
「なくすもの」「除去すべき」と考えがちですが、
実を言うと、私たち人間は大小のストレスを感知するからこそ、
生き続けることが可能になるのです。

自動体外式除細動器(AED)というものは医療資格を有しない方にも扱える医療機器で、
機器本体から流れる音声ガイダンスの指示通りに処置することで、
心室細動に対する応急処置の効き目を患者に与えます。

ストレスが蓄積してしまう構造や、
手軽で効果的なストレス対策など、
ストレスに関して正確な知識をお持ちの方は、
現時点ではまだ多くないようです。

脳内の5-HT(セロトニン)神経は、
自律神経の調節や痛みのブロック、
あらゆる覚醒などを支配していて、
気分障害(鬱病)の患者さんではその機能が落ちていることが科学的に判明している。