わかった!データ復旧の仕組みと技術


わかった!データ復旧の仕組みと技術ブログ : 2016/11/09


エイズウイルス、つまりHIVを有する精液、血液を始め、女性の腟分泌液、母乳などのあらゆる体液が、乳飲み子等の傷口や粘膜部分などに触れることで、
感染する可能性が大きくなります。

流行性感冒、即ちインフルエンザの効果的な予防策や医師による手当等必然的な措置というものは、
それが例え季節性インフルエンザであっても新型のインフルエンザであっても同じなのです。

期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、
病気ではなくても症状が現れることがあるためさほど深刻な心臓の障害とは限らないのですが、
短期間で発作が絶え間なく出る場合は危ないのですぐ病院へ行きましょう。

胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、
約1週間きちんとお薬を飲めば、
押しなべて90%近くの人の自覚症状は良くなりますが、
かといって食道粘膜の炎症反応自体が完治したとは言い切れないので留意してください。

好気性桿菌の結核菌は、保菌者が「せき」をすることで外気や内気に排出され、
空中にフワフワ浮かんでいるのを誰かが呼吸の際に吸い込むことで次々に感染していくのです。

我が国における結核対策は、長年、昭和26年にできた「結核予防法」に従う形で実施されてきましたが、
56年後の平成19年からは他の数多ある感染症と同じように「感染症予防法」という法律に沿って実行されることに決まったのです。

虚血性心疾患の心筋梗塞とは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化により血液の通り道である血管の内腔が狭まってしまって、
血液の流れが止まり、大切な酸素や栄養が心筋まで送られず、
筋線維そのものが機能しなくなる怖い病気です。

UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短く、
オゾン層で一部分が吸収されますが、
地表まで達したUV-B波は皮ふの表皮の中で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、
デオキシリボ核酸)を壊すなど、
皮膚にとって悪い影響を与えることになります。

杉の木の花粉が飛散する春に、お子さんたちが体温はいつもと変わらないのにしょっちゅうクシャミしたり水のような鼻みずが出続ける症状だったなら、
その子は杉花粉症の恐れがあるでしょう。

塩分や脂肪分の摂取過多を避けた上で運動に努め、
ストレスの少ない生活を意識することが狭心症の素因である動脈硬化を事前に防ぐ知恵なのです。