わかった!データ復旧の仕組みと技術


わかった!データ復旧の仕組みと技術ブログ : 2016/08/23


陰金田虫とは、医学上では股部白癬(こぶはくせん)と言い、
カビの仲間である白癬菌が股部、
陰嚢、臀部などに何らかの理由で感染し、
寄生してしまう病気のことであり即ち水虫のことなのです。

下腹の痛みを起こす病気の代表格として、
大腸に憩室が多発する大腸憩室症、
尿管などに結晶ができる尿路結石症、
大腸粘膜にびらんができる潰瘍性大腸炎、
腹部の外傷で発症することもある急性腹膜炎、
子宮の疾患などの病名が聞かれます。

最大の内臓である肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが付着した状態の脂肪肝という病気は、
動脈硬化や狭心症のみならず多くの合併症を誘引する可能性があるのです。

胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、
4〜5日ちゃんと服薬すれば、一般的に9割近くの患者さんの自覚症状はゼロになりますが、
さりとて食道の粘膜の傷みや炎症が治癒したわけではないので気を付けましょう。

現在、若い世代で結核菌(けっかくきん)に立ち向かう力を保有しない人々が増えていることや、
早合点のせいで診断が遅れることが原因の集団感染及び院内感染が増えていると言われています。

「体脂肪率(percent of body fat )」というのは、
全身の脂肪の蓄積している%のことを言い、
「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪量(somatic fat volume)÷体重(body weight)×100」という数式で調べられます。

AEDとは医療資格を保有しない普通の人でも扱うことのできる医療機器で、
機器本体から発せられる音声ガイダンスの手順に従って処置することで、
心室細動に対しての治療の効果を実現します。

脳内にある5-HT神経は、自律神経のメンテナンスや痛みを防御し、
あらゆる覚醒現象などを操作していて、
大うつ病(単極性気分障害)の患者さんでは動きが弱いことが判明している。

何か物を食べる時は、食べようと思った物を気軽に口へ入れたら20回前後噛んで飲み下して終わりだが、
その後も体は本当によく動いて異物を人体に取り入れるよう努力している。